スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

目尻のシワが改善?女性ホルモンに似た「エクオール」

■エクオールとは

エクオールは大豆イソフラボン(ポリフェノールの一種)に含まれるダイゼインが腸内細菌の一つであるエクオール産生菌によって変換される代謝物です。そのエクオールは、大豆イソフラボンの状態よりも、より高くエストロゲンを活性化することができます。

もともと、イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た構造をしているということから、更年期障害や骨粗しょう症などにもいいとされていますが、エクオールが体内で作れる人の方が、より健康効果に差が出るようです。

■腸内フローラを整えるとエクオールは産生できる

人間の大腸には様々な腸内細菌がいますが、その中に大豆イソフラボンをエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌がいます。この菌がいる人といない人で、エクオールを作れるかどうかが決まるのですが、やはり腸内フローラを整えることが重要のようです。そのためには、食生活や生活習慣を整えなければなりません。

厚生労働省調査の日本人の豆摂取量をみてみると、最も豆摂取量が多いのは60代だそう。食生活が乱れている若い人たちの方がエクオールを作れないそうです。

普段から大豆製品を摂取し、食物繊維豊富な食事をしている人がエクオールを産生できることが明らかとなっています。腸内フローラを整えることは、食事だけではなく睡眠やストレス、運動不足などの要因も関係してきますので、常に心がけたいところですね。

続きは 美Lab. 記事へ
https://www.b-lab.jp/ambassador/01976/

更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

更年期とは

そもそも「更年期」とはなんでしょうか。

何しろ更年期という言葉は普段あまり使わず、「更年期“障害”」という言葉から気になるケースがほとんどなので、体調がよくない方向に変化する期間のことなんだろうな、というイメージが先行してしまいがちです。

本来の意味は、女性のライフサイクルの一時期の呼び方です。0歳〜15歳頃までの「小児期」、12歳〜17歳頃に身体構造・生殖生理作用が発育完成する「思春期」、性機能が成熟して妊娠・出産に適する「性成熟期」を経て、「更年期」、そして「老年期」がやってきます。

更年期は年齢でいうと、おおそ44歳〜55歳。女性が閉経する平均の50歳から前後の10年間となります。

この期間には、卵巣の働きが衰えます。すると卵胞ホルモンの分泌が不安定になり、排卵にも影響します。そして月経周期が乱れ始め、量も減ります。そのような月経不順が半年から2年ほど続き、月経が1年間なくなると閉経とされています。

つまり更年期とは、女性の閉経と密接に関連した期間であり、ホルモン分泌の不安定な変化によってさまざまな体調の不調、障害がどうしても起きてしまう、誰しもが理解して向き合わねばならない期間なのです。

更年期障害とは(概要)
女性の更年期障害
更年期障害の症状

更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

若年性更年期障害の治療

若年性更年期障害とは、20代や30代の若い方でも更年期障害と同様の症状が現れることです。

若年性更年期障害の治療には、まず原因を確かめる必要があります。

原因は女性の場合、早期閉経(早発閉経)、卵巣機能低下、早発卵巣不全などに伴うホルモンの減少が考えられます。あるいは若年層ならではの生活習慣の乱れが主な原因となり、ホルモンバランスを崩して発症しているケースも多いようです。

【症状が重い場合】
病院に行き医師の診察を受けて治療を行いましょう。特に女性が発症する症状の中でも月経不順や無月経が起きた場合は「早期閉経」「卵巣機能低下症」の可能性があります。回復のためには早期の治療が必要なため、早めに婦人科へ行きましょう。

早期閉経(早発閉経)の場合は、閉経後に出てくる病気(骨粗鬆症、萎縮性膣炎、高脂血症、アルツハイマー病など)に備えて、ホルモン補充療法などの治療が必要になります。

卵巣機能低下症、早発卵巣不全などが原因の場合も、症状に適したホルモンの補充や、ホルモン分泌を促すための処方薬による治療が必要です。

ただしホルモン補充療法は、40代〜60代の更年期障害では代表的な治療法ですが、副作用もあります。20代〜30代の若年性更年期障害の治療方法としては慎重に選択する必要があります。

【症状が軽度な場合】
若年性更年期障害は若年層ならではの環境(価値観とライフスタイルの多様化や、インターネットやスマートフォン等の普及に伴う生活環境の変化)による生活習慣の乱れが主な原因となり、ホルモンバランスを崩して発症しているケースも多いようです。

そのため日常的な生活習慣の改善により治療、症状の緩和を目指すことも可能です。生活習慣の乱れが各種症状の原因となっている可能性も高いためです。下記のような行動が若年性更年期障害の治療に効果的です。

・一日の生活リズムを整える
・栄養のバランスが良く、規則的な食事を摂る
・適度な運動をする。血行を促進し、ストレス解消、発散をする
・お酒、タバコなどの嗜好品を控える
・暖かい服装を心がける

【漢方薬とサプリメント】
ただし習慣を改善することは、頭では理解していても実際に行うことは誰にとっても難しいもの。そこで、若年性更年期障害の治療は、実際には漢方薬やサプリメントの服用による治療が中心となるケースも多いようです。

症状の程度が重い場合は薬効成分のある漢方薬で、軽度の場合には食品であるサプリメントの利用により体質改善を図ることができます。漢方薬は、冷え性でむくみやすい血虚タイプ(虚証)、イライラや不安のある気滞タイプ(中間証)、のぼせ・ほてりのあるお血タイプ(実証)など、その方の体質や症状に応じた漢方薬が幅広く存在しています。

更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
スポンサーリンク
  • SEOブログパーツ


プロフィール

更年期障害blog管理人

Author:更年期障害blog管理人
------------------------------
「更年期障害の症状と治療法 〜更年期障害まとめブログ〜」をご訪問いただき、誠にありがとうございます。

当ブログは、更年期障害の症状と治療法に関する情報をどのサイトよりも分かりやすく纏め、お悩みの解決に少しでも貢献できればと思い設立しました。

更年期障害は、誰もがいずれ直面して悩む時が来るものです。当ブログをご活用いただき、治療に役立てていただけましたら幸いです。

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。