スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

目尻のシワが改善?女性ホルモンに似た「エクオール」

■エクオールとは

エクオールは大豆イソフラボン(ポリフェノールの一種)に含まれるダイゼインが腸内細菌の一つであるエクオール産生菌によって変換される代謝物です。そのエクオールは、大豆イソフラボンの状態よりも、より高くエストロゲンを活性化することができます。

もともと、イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た構造をしているということから、更年期障害や骨粗しょう症などにもいいとされていますが、エクオールが体内で作れる人の方が、より健康効果に差が出るようです。

■腸内フローラを整えるとエクオールは産生できる

人間の大腸には様々な腸内細菌がいますが、その中に大豆イソフラボンをエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌がいます。この菌がいる人といない人で、エクオールを作れるかどうかが決まるのですが、やはり腸内フローラを整えることが重要のようです。そのためには、食生活や生活習慣を整えなければなりません。

厚生労働省調査の日本人の豆摂取量をみてみると、最も豆摂取量が多いのは60代だそう。食生活が乱れている若い人たちの方がエクオールを作れないそうです。

普段から大豆製品を摂取し、食物繊維豊富な食事をしている人がエクオールを産生できることが明らかとなっています。腸内フローラを整えることは、食事だけではなく睡眠やストレス、運動不足などの要因も関係してきますので、常に心がけたいところですね。

続きは 美Lab. 記事へ
https://www.b-lab.jp/ambassador/01976/

更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサーリンク
  • SEOブログパーツ


プロフィール

更年期障害blog管理人

Author:更年期障害blog管理人
------------------------------
「更年期障害の症状と治療法 〜更年期障害まとめブログ〜」をご訪問いただき、誠にありがとうございます。

当ブログは、更年期障害の症状と治療法に関する情報をどのサイトよりも分かりやすく纏め、お悩みの解決に少しでも貢献できればと思い設立しました。

更年期障害は、誰もがいずれ直面して悩む時が来るものです。当ブログをご活用いただき、治療に役立てていただけましたら幸いです。

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。