スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

目尻のシワが改善?女性ホルモンに似た「エクオール」

■エクオールとは

エクオールは大豆イソフラボン(ポリフェノールの一種)に含まれるダイゼインが腸内細菌の一つであるエクオール産生菌によって変換される代謝物です。そのエクオールは、大豆イソフラボンの状態よりも、より高くエストロゲンを活性化することができます。

もともと、イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た構造をしているということから、更年期障害や骨粗しょう症などにもいいとされていますが、エクオールが体内で作れる人の方が、より健康効果に差が出るようです。

■腸内フローラを整えるとエクオールは産生できる

人間の大腸には様々な腸内細菌がいますが、その中に大豆イソフラボンをエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌がいます。この菌がいる人といない人で、エクオールを作れるかどうかが決まるのですが、やはり腸内フローラを整えることが重要のようです。そのためには、食生活や生活習慣を整えなければなりません。

厚生労働省調査の日本人の豆摂取量をみてみると、最も豆摂取量が多いのは60代だそう。食生活が乱れている若い人たちの方がエクオールを作れないそうです。

普段から大豆製品を摂取し、食物繊維豊富な食事をしている人がエクオールを産生できることが明らかとなっています。腸内フローラを整えることは、食事だけではなく睡眠やストレス、運動不足などの要因も関係してきますので、常に心がけたいところですね。

続きは 美Lab. 記事へ
https://www.b-lab.jp/ambassador/01976/

更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

スポンサーサイト

【ニュース】「男の更年期障害」あなたは大丈夫?..そうなったらどうつきあえばいいか

MSNニュースに男性更年期障害についての最新ニュースがありましたのでご紹介します。

男性更年期障害の診断のため病院などで広く使用されているのが「AMSスコア」。各項目ごとに「なし(1点)」「軽い(2点)」「中等度(3点)」「重い(4点)」「非常に重い(5点)」で点数をつける。合計点数が26点以下なら、男性更年期障害の疑いはない。27点から36点で軽度。37点から49点で中等度、50点以上で重度、となる

 女性の更年期障害と同様に、「男性の更年期障害」への関心が高まっている。加齢に伴って、男性ホルモンの分泌が低下し、疲労感や倦怠(けんたい)感、筋力の低下、性機能の衰えなどの症状が出る。専門家は、「男性ホルモンの分泌を促すには、自分のやってきたことはすべてよかった、と前向きに考えることが大切」としている。(袖中陽一)

心・体・性機能 3つの症状

 大阪市内に住む50歳代の男性は、1年前に職場が変わって仕事が忙しくなったことをきっかけに、動悸(どうき)、倦怠感などを覚えるようになった。気になって、近くの心療内科を受診したところ、「鬱傾向がある」と診断され、抗鬱薬などを投与された。

 だが、症状は一進一退。性欲も低下していた。「男性の更年期障害」があると知り、自分の症状はこれではないかと考え、男性更年期外来を開いている関西医科大学付属枚方病院(大阪府枚方市)を受診した。

 血液検査の結果、男性ホルモンの数値が低かったため、更年期障害の可能性もあるとして、男性ホルモン注射開始。3回投与で抱えていた症状が改善したため、抗鬱薬は中止した。残業や休日出勤などもやめて様子をみていたが、症状は再発しなかったという。

 男性を診察した、同院副病院長で関西医科大学腎泌尿器外科学講座の松田公志(ただし)教授は、平成14年から男性更年期外来を自由診療(保険外診療)で開いている。外来を訪れる男性は主に40代から60代。疲労感、憂鬱、不安感などの心の症状▽筋力の低下、動悸、頻脈などの身体的な症状▽勃起障害、性欲の低下などの性機能の症状、の3つの症状を訴えることが特徴的という。

(ソース)http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130824/wlf13082418000020-n1.htm

男性の更年期障害
更年期障害の症状

更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

【ニュース】高橋真梨子 更年期障害を告白

高橋真梨子 更年期障害に伴う「うつ」「寝たきり」を告白

歌手の高橋真梨子(64才)はデビューからの40年間のうち、35年連続で全国ツアーを行ってきたといいます。世間では元気で健康的な女性のイメージですが、実は更年期障害の症状に苦しむ日々があったというニュースがありましたのでご紹介します。

(以下引用)

 1972年に音楽バンド「ペドロ&カプリシャス」の2代目ボーカルにスカウトされ、1973年にデビュー。その後、『for you…』『桃色吐息』『はがゆい唇』『ごめんね…』など数々のヒット曲を世に送り出し、“バラードの女王”と呼ばれてきた。その高橋が体に不調を感じ始めたのは1996年ごろのこと。

「最初に何か変だなと思ったのは47、48才のころです。やる気がなくなったというか、今まで一生懸命やっていた掃除とか些細なことが手につかなくなったんです。何か変だなという感覚はあちこち出てきて、どこも悪くないのに頻尿だったり、お腹が痛くなったり、ホットフラッシュが出たり。そんなときに親知らずを抜いたり、歯の治療をしたことで体調がさらに悪化してしまって…」(高橋)

 40代の後半から50代の閉経前後の約10年間、女性ホルモンが減少し卵巣の働きがゆっくりと衰えていく更年期。脳が女性ホルモンの分泌を促して も卵巣が応えられないため、脳がパニックを起こし、自律神経の乱れから体にさまざまな不調(更年期障害)が生じる。急に体が熱くなるホットフラッシュや、 頭痛、耳鳴り、吐き気、動悸、めまい…その症状は100以上にのぼるといわれる。個人差はあるものの、多くの女性が最初は何かの病気なのではないかと不安 に襲われる。

「ご飯も、飲み物ものどを通らなくなって、胃もムカムカする。食べ物も飲み物も見るのも嫌なくらい。病院で胃を診てもらっても何も悪いところはな い。結構、ドクターショッピングもしましたよ。内臓や胃とか、MRIやCTも撮ったり、とにかくいろいろ診てもらったけど、別に悪い箇所はなく、結局、そういう年齢なんだと」(高橋)
 更年期障害は、体だけでなくメンタル面にもイライラや倦怠感などの症状を引き起こす。そこからうつ症状などに悩まされる人も少なくない。高橋もそのひとりだった。仕事も3か月ほど休み、外にも出ず、家で寝たきり状態になってしまったという。

「仕事も、したいとは思うんですが、思うように体が動かない。じっとしとくしかない。でもじっとしているのが嫌で、イライラする。いざ動こうとすると動けないんです。今はホルモン補充療法なども一般的になりましたが、私たちの年代の人はあまり…ね。たまに精神安定剤や食欲の出る薬をのむ程度でした」 (高橋)
 そんな苦悩と闘う彼女を、ずっとそばで見守り、支えてきたのが、夫であり、彼女のプロデューサーでもあるヘンリー広瀬(69才)だ。互いに“戦友”といって共に歩んできたが、1993年にふたりは結婚した。当時の高橋を、ヘンリーはこう見ていた。

「食べられないからステージに立てない、食べられないから歌うことができなくなるっていう恐怖感が自分の中で膨れていったみたいで。その葛藤がどんどんひどくなってうつになってしまったんですね」

(引用ここまで)

ソース NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20130712_199426.html

高橋真梨子さんのように、表向きは仕事を頑張っている健康的な女性でも、実はひとりで更年期障害と向き合い苦悩しているという女性はとても多いようです。更年期障害についての正しい知識、HRT、漢方薬など症状に適した治療法、更なる医学の進歩により少しでも楽になれる方が増えればと思います。

女性の更年期障害
更年期障害の症状
更年期障害の治療法

更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

【ニュース】20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

更年期障害といえば、生理が終わりかける40代後半から50代くらいの女性に見られる症状、というイメージですが、実が今、若い女性に増えているのです。

20代、30代、更年期障害なんてまだまだ先のこと、と思っている女性のみなさん、最近、カラダの調子はいかがですか?

生理不順、体がダルい、ささいなことでイライラする、肩こりや頭痛がする・・・もしかしてそれは、更年期障害かもしれません。

女性専門のクリニック「私のクリニック目白」の平田雅子先生に、詳しくうかがってきました。(以下、平田雅子先生)

「更年期障害」とは、閉経に伴い卵巣の機能が低下し、女性ホルモンである「エストロゲン」が減ってくることが原因で起こる病気のこと。

不眠・発汗・ほてり・のぼせ・イライラ・冷え・めまい・睡眠障害・排尿トラブル・便秘・動悸・耳鳴頭痛・関節痛・不正出血・高血圧・貧血などさまざまな症状が現れます。

更年期障害は通常の場合、閉経に伴い40代ごろから起こるのだけど、ホルモンバランスの乱れやストレス、ある種の疾患の影響などにより早期に閉経が起こり、一般的な年齢より早く更年期障害のような症状が起こることがあります。

これを「若年性更年期障害」といいます。

以下に若年性更年期障害で起こりやすい自覚症状をあげるので、早速チェックしてみましょう。

■若年性更年期障害セルフチェック

・イライラする事が多くなった
・気が短くなった
・憂うつな気分になる事が増えた
・顔がほてるようになった
・眠りが浅く、夜中に目がさめるようになった
・寝つきが悪くなった
・大人ニキビができるようになった
・頭痛、めまい、肩こりが以前よりも多くなった
・つめがもろくなった
・生理不順が激しくなった
・月経血量が多く、日数が短くなった
・手足や腰が冷えるようになった
・息切れ、動悸(どうき)がある
・皮膚の弾力性がなくなってきた
・以前はなかった腟炎、排尿障害がある
・性交痛が起こるようになった
・手足の感覚が鈍く感じる
・時々吐き気がする
・お腹がすいても食欲が起きない
・下痢や便秘など、お腹の調子の悪い日が増えた

これらの症状に思い当たる所が複数あるようなら、若年性更年期障害の可能性が考えられます。

不調が続くなど、気になるときは産婦人科を受診してください。

ソース:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/03/045/index.html

更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

更年期障害、漢方薬の効能が明らかに

更年期障害の治療法には、症状によっては漢方薬が効果的です。漢方薬の効能について『日経ウーマンオンライン』に分かりやすい記事がありましたのでご紹介します。

(引用文)


東京医科歯科大学病院産婦人科の久保田俊郎教授は「最近では、ホルモン補充療法が広く行われるようになったが、エストロゲンの補充だけでは効果が出にくい症状の治療に漢方が見直されている」と話す。なかでも漢方の「三大処方」と呼ばれているのが当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)で、患者の体質や強く現れている症状によって使い分けられる。

-中略-

その結果、不眠については睡眠時間、入眠障害、中途覚醒(かくせい)、熟眠障害について分析したところ、入眠障害の改善に加味逍遙散と桂枝茯苓丸が高い効果を示した。中途覚醒については当帰芍薬散と加味逍遙散、桂枝茯苓丸で、熟眠障害については加味逍遙散が明らかな効果があることが分かった。不眠以外の症状では、発汗や循環器症状に関しては桂枝茯苓丸が、頭痛やめまいについては加味逍遙散で明らかな効果があることがわかった。
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110726/111651/?P=1



漢方薬は、冷え性でむくみやすい血虚タイプ(虚証)、イライラや不安のある気滞タイプ(中間証)、のぼせ・ほてりのあるお血タイプ(実証)など、その方の体質や症状に応じた漢方薬が幅広く存在しています。

漢方薬の三大処方、「当帰芍薬散」、「加味逍遙散」、「枝茯苓丸」は当サイトにおいても詳しくご紹介します。

更年期障害の治療法
漢方薬による治療法




更年期障害まとめブログ
記事カテゴリーリスト
更年期障害とは(更年期障害の概要) / 女性の更年期障害 / 男性の更年期障害 / 若年性更年期障害 / 更年期障害の症状 / 血管運動神経系の症状 / 精神神経系の症状 / 知覚過敏の症状 / 運動器官系の症状 / 皮膚・分泌系の症状 / 消化器系の症状 / 全身の症状 / 泌尿器系の症状 / 更年期障害の治療法 / ホルモン補充療法(HRT) / (ニュース)更年期障害、漢方薬の効能が明らかに / (ニュース)20代の更年期障害が増加。あなたは大丈夫?

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
スポンサーリンク
  • SEOブログパーツ


プロフィール

更年期障害blog管理人

Author:更年期障害blog管理人
------------------------------
「更年期障害の症状と治療法 〜更年期障害まとめブログ〜」をご訪問いただき、誠にありがとうございます。

当ブログは、更年期障害の症状と治療法に関する情報をどのサイトよりも分かりやすく纏め、お悩みの解決に少しでも貢献できればと思い設立しました。

更年期障害は、誰もがいずれ直面して悩む時が来るものです。当ブログをご活用いただき、治療に役立てていただけましたら幸いです。

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。